東洋町観光旅サイト

ニュース

2018.02.12

食べるといいことが起こるかも?!【こけら寿司】

東洋町の郷土料理といえばこれ。酢飯と山菜、野菜などを層にして重ねた押し寿司です。焼いてほぐした鯖の身をたっぷりの柚子酢に混ぜて寿司飯を作ります。お寿司を彩る食材は作る人や季節により変わりますが、人参、薄焼き卵、椎茸、人参の葉という組み合わせがスタンダードとか。木の枠に寿司飯を敷き、その上にご飯が見えなくなるほど色とりどりの食材を並べ、再び板を敷き、また寿司飯と食材……と、なんと6段重ねにして1時間ほど重しを乗せます。6升の米を使い、1度に約100人前できるというスケールの大きさです。「こけら」という名は「木片」を意味し、幾重にも重ねて葺いた屋根の外観がモチーフになっています。「喜びが重なりますように」という縁起も込められており、お祝いごとには欠かせないごちそう、一度お試しください!また、「こけら寿司体験教室」を通年で受付中です!